FX・ビットコイン・オプションのシステムトレード開発と取引録

FXとビットコインのシステムトレードの開発録、オプション取引の履歴を書き連ねています。MT4, Pythonで開発しています。

Python システムトレード ビットコイン

bitFlyerのAPIを使ってビットコイン先物の価格情報を取得してみる

bitFlyerでビットコイン先物の価格情報を取得してみる

bitFlyerでは、ビットコインの先物を取引できます。

現在(2017/05/09)だと、「BTCJPY12MAY2017」と「BTCJPY19MAY2017」の2種類になります。

1週間先(今週)と2週間先(来週)の金曜日が満期日の先物になります。

APIで使用するには、product_codeに「BTCJPY12MAY2017」もしくは「BTCJPY19MAY2017」を使用すればOKです。

今回は、これを使って、ビットコイン現物と2種類の先物の価格情報(Ticker)を取得します。

後々グラフで表示したいので、とりあえずMySQLのデータベースにINSERTするところまでを目指します。

では、早速ソースです。

ビットコイン現物と先物価格情報を取得(bitFlyer APIを使用)

とりあえず、SQL(INSERT文)を発行するところまでは実装しました。

PyMySQLの部分をコメントアウトしていますが、Python上でMySQLが扱えれば動くはずです(多分)。

今、手元に環境がないため、MySQLにデータが入るところまでは確認できていません。

近いうちにVPSでも契約しようかと思います。

今回実装したPythonプログラムでは、以前開発したAPIを扱うプログラムを使用していますので、そのソースも載せておきます。

必要なライブラリ等は以前の記事をご覧ください。

bitFlyer API

データがたまったら、グラフで表示させる部分も実装してみようかと思います。

これらのデータで色々とできそうで、これから楽しみです!

スポンサードリンク

-Python, システムトレード, ビットコイン
-, , , ,