FX・ビットコイン・オプションのシステムトレード開発と取引録

FXとビットコインのシステムトレードの開発録、オプション取引の履歴を書き連ねています。MT4, Pythonで開発しています。

オプション

お!USOの価格が下がっている。Callオプションを決済しようかな

USOが値下がりしているのでCallオプションを決済しようか

3月下旬にUSOのCallオプションを売り立てました

で、その1週間後にUSOの価格が上昇するという事態になっていました。

売り立てたCallオプションは、2017/6/16が満期日のものです。

満期までにはUSOが下がることもあるだろうということで、様子を見ながら放置していました。

するとここ1週間ほどUSOの価格が下がって来ていますので、Callオプション売を決済することにしました。

Firstrade証券の取引時間内に「USO 06/16/2017 Call 11.00」の買い注文を2単位、0.10ドルで出しました。

すると即決済されました。

「USO 06/16/2017 Call 11.00」決済時の損益は

「USO 06/16/2017 Call 11.00」を2017/3/24に0.25ドルで2単位売り立てました。

この時の手数料が6.35ドルでしたから、0.25 x 2 x 100 - 6.35 = 43.65 ドルの現金が口座に入りました。

このCallオプションを決済したのが5/3で、その時のオプションの価格が0.10ドルでした。

この時の手数料が6.34ドルでしたから、-0.10 x 2 x 100 - 6.34 = -26.34 ドルの現金が口座に入りました。

マイナスなので、26.34ドルが口座から引かれたということです。

差し引きを計算すると、43.65 - 26.34 = 17.31 ドルの利益という結果になりました。

3/24に取引を始めて、5/3に決済しましたので、40日ほどで 17.31ドルの利益を得られたということです。

まとめ 今回の取引の反省点

今回の反省点としては、USOの価格が下がったままの状態でCallオプションの売りを仕掛けてしまったということです。

その3~4日後にはUSOがグッと上がっていますので、そのタイミングで仕掛けた方がよかったですね。

タイムディケイが得られなくなるということで焦って仕掛けてしまったのですが、ちょっとだけ待って仕掛けたらより利益が得られたということです。

待つのも相場ということでしょうか。

ここ最近のUSOの値幅を見ると、9~11ドルをウロウロとしていますので、11ドル近辺に上がったタイミングでエントリーするのが良さそうです。

今回は、エントリーのタイミングがまずかったなと反省していたのですが、満期日までに価格がかなり下がってくれましたので何とか利益を出すことができました。

次回は、USOの価格が上がるタイミングを待ち、Callオプションの売りを仕掛けたいと思います。

スポンサードリンク

-オプション
-,