FX・ビットコイン・オプションのシステムトレード開発と取引録

FXとビットコインのシステムトレードの開発録、オプション取引の履歴を書き連ねています。MT4, Pythonで開発しています。

オプション

オプション取引カバードコールを決済、利益確定しました

昨年の11月にコールオプションの売で持っていた
ポジションを決済しました。

USO(United States Oil)の
権利行使価格11.00ドル
満期日2017/02/17のコールオプションの
売りを2枚保持していました。

直近で(ここしばらくの間もそうでしたが)
USOの価格は11ドルを超えて
保持しているコールオプションは
イン・ザ・マネーになっていました。

USOの現物200を保持しているカバードコールなので、
保持したままだと、ほぼ確実に満期日に
権利行使されることになるので、
決済することにしたのです。

イン・ザ・マネーになっているので、
オプションのプレミアム価格は上昇していました。
ですので、満期日に権利行使されてもよいかなと
考えたりもしましたが、
この満期日の権利行使による自動売買で
手数料がかかるのかが気になりました。

この手数料がけっこうバカにならないので
手数料がかからずに自動決済されるのなら
いいかなと思ったというのが理由です。

オプションの取引口座はFirstradeを使用しているのですが、
FAQを見てみても、オプションの権利行使による売買で
手数料がかかるのかどうかは記載されていませんでした。

そこでサポートに問い合わせることにしました。

「権利行使で自動決済された場合、手数料はかかりますか?」
という内容をサポートに問い合わせました。
(Google翻訳を使って英語にしたものを送りました)

すると、以下のような返信がありました。

Thank you for emailing Firstrade. The assignment will incur $14.95 commission.

「$14.95」かかるということです。

この手数料は、USO現物の売りとUSOコールオプション買戻しの
2つの注文を同時に決済したぐらいの金額になります。

Firstradeの1トレードの手数料は6.95ドル、
オプションの場合のみこれに追加して1枚あたり0.75ドル余分にかかります。

手数料を計算してみると、
現物の売りで6.95ドル、
オプション(2枚)の買いで6.95ドル+0.75ドル×2 = 8.45ドル
合計15.40ドルになります。

ん?ちょっと計算があいません。
「$14.95」はどこから出したんだ?

しかし、どうも権利行使による自動売買でも手数料がかかる模様。

今後カバードコールを行うために現物株をもう一度
買おうと思った場合にも手数料がかかります。

少ない枚数でオプション取引を行っていると、
手数料もバカになりません。

権利行使の「$14.95」は痛いので、
売りで持っているコールオプションを決済することにしたのです。

先週末にUSOの価格がちょっと下がりました。
イン・ザ・マネーだった11.00ドルのコールオプションの値段も
下がったのですが、注文を出す前だったので
決済し損ねていました。

いくらで決済しようと考えている間に
USOの値段が上がってしまいました。
11.00ドルのコールオプションのプレミア価格が
0.30ドル→0.50ドルぐらい上がってしまいました。

しまったと思いつつ、あと1週間あるので
その間にもう一度USOの値段が下がる時もあるだろうと
先週末に0.35ドルの買いの指値注文を入れておきました。

そうすると、今朝目が覚めると0.35ドルで決済されていました。
USOの価格を確認すると、見事に落ちていました。

このコールオプションの売りは
2016/11/02に0.53ドルのプレミアム価格で2枚
売りで注文を立てました。

2017/02/13に0.35ドルの買いでクローズしました。

売りの時に8.45ドル、買いの時に8.45ドルの手数料がそれぞれかかっています。

今回の取引での収益は、
0.53 × 2 × 100 - 0.35 × 2 × 100 - 8.45 × 2 = 19.10ドル
となりました。

オプションは1枚で100単位で、
今回2枚の取引ですので上記のように
プレミアム価格に × 2 × 100 として計算しています。

保持しているUSOが200なので、現在の価格11.32ドルとかけると
2,264ドルになります。

2,264ドルに対して19.10ドルの収益なので
ほぼ3カ月間で利益率0.85%となりました。

昨年の11月にコープオプションの売りで取引を始めたときは
USOの価格が10ドルを切っていて
11.00ドルはちょっと上の価格帯でした。

そこから1カ月ほどで1~2ドル上の価格帯を
行ったり来たりするようになりました。

今回の取引だけだと19.10ドルの収益ですが、
過去に購入した時のUSOの取得単価が10.73ドルですので、
( 11.32 - 10.73 ) × 200 = 118ドル
の含み益が出ていることになります。

オプションでの収益はいまいちでしたが、
現物の方で含み益が出ているということですね。
(この含み益も今の状態でUSOの価格が落ちてしまうと
 何の意味もないのですが・・・)

3か月間保持したコールオプションの売りを決済できたので、
再度コールオプションの売り注文を出しました。

最近USOは11.50ドルを超えるぐらいの価格まで上がっていますが、
今日はちょっと下がって11.32ドルになっています。

ここ6カ月間の価格を見ると、12.00ドルに達したことはありませんので、
今回は12.00ドルのコールオプションを売ります。

直近でUSOの価格が落ちていて、それに伴ってコールオプションの価格も下がっています。
2017/05/19満期の12.00ドルコールオプションの
プレミアム価格は0.37ドルになっています。

USOは直近でガクッと下がっているのでまた上がるだろうと見込んで
0.50ドルの指値で売り注文を出しました。

数日USOの値動きを見ながらオプションの注文価格を調整します。

動きがありましたらまた当ブログで報告します。

スポンサードリンク

-オプション
-,