一蔵

Python

bitFlyerのAPIを使ってビットコイン先物の価格情報を取得してみる

bitFlyerでビットコイン先物の価格情報を取得してみる bitFlyerでは、ビットコインの先物を取引できます。 現在(2017/05/09)だと、「BTCJPY12MAY2017」と「BTCJPY19MAY2017」の2種類になり...
オプション

お!USOの価格が下がっている。Callオプションを決済しようかな

USOが値下がりしているのでCallオプションを決済しようか 3月下旬にUSOのCallオプションを売り立てました。 で、その1週間後にUSOの価格が上昇するという事態になっていました。 売り立てたCallオプションは、2017/6/...
Python

ビットコイン裁定取引のPythonプログラムをBash on Ubuntu on Windows上で動かすための設定

ビットコインの裁定取引(アービトラージ)を行うPythonプログラムを作ったのですが、どうも動かす環境がなくてほったらかしの状態でした。 ちょっともったいないと思って動かせる環境がないかと考えていたら、Bash on Ubuntu on ...
オプション

あれ、USOの価格上がっているよ?Callオプション価格も上がってる・・・。

Callオプションの売ポジションを持っているUSOが値上がりしている 前回の取引の際に USOの期間が6/16までで11.00ドルの Callオプションを売り立てました。 それまで保持していたCallオプションの 価格が落ちていたので決...
オプション

原油価格が下がったのでUSOコールオプション売りを決済したよ

USOオプション価格が下落、コールオプションの売りを決済 アメリカの証券会社、Firstradeで投資している オプション取引の報告です。 Firstradeでは、USO(United States Oil ETF)の現物を 保持してい...
CakePHP

ビットコインの価格情報を取得するシェルをCakePHP3で作ってみたよ

ビットコインの価格情報を取得するシェルを実装してみた ビットコインのTicker情報を取得する プログラムって前に作ってなかったっけ? というツッコミを頂いた方、 本当にありがとうございます。 実は以前Pythonで同じようなものを実装...
Python

ビットコインの裁定取引用自動売買プログラムでウェイウェイするはずが・・・

ビットコインの裁定取引を行う自動売買プログラムを作ってみたけれど 裁定取引というのは、アービトラージともいって 同一の価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して 高い方を売り、安い方を買ってその価格差で 利益を得るというものです。 ご存知...
Python

XServer上でPython環境(Anaconda)を使えるように設定したメモ

XServer上にPython環境を構築する レンタルサーバーのXServer上で Pythonを実行できるように Anacondaをインストールします。 XServerでは、レンタルサーバーでありながら SSHを使えるので、S...
ビットコイン

Zaifのマイナス手数料が魅力的!ビットコインの手数料をまとめてみた

ビットコインの各取引所ごとの手数料をまとめてみた 現在、ビットコインの売買ができる 取引所はいくつかありますが、 その手数料は結構バラバラです。 今回は各取引所ごとに 手数料がどのように設定されているか 確認してみました...
Python

QUOINEのAPIを使ってビットコインの板情報、資産情報を取得してみたよ

QUOINEのAPIを使ってビットコインの板情報、資産情報を取得 bitFlyer、coincheck、Zaifに引き続いて QUOINEのAPIを使ってビットコインの 板情報、資産情報を取得、 また新規注文を出す処理を実装して...