Python

XServer上でPython環境(Anaconda)を使えるように設定したメモ

スポンサードリンク

XServer上にPython環境を構築する

レンタルサーバーのXServer上で
Pythonを実行できるように
Anacondaをインストールします。



XServerでは、レンタルサーバーでありながら
SSHを使えるので、SSHで接続して
Anacondaのインストールを行います。

とは言っても扱えるのは契約している
ホームディレクトリ以下ですので、
pyenvでPython環境を構築します。

Gitをインストール

ということで、pyenvを導入したいのですが、
このためにはgitが必要ですので、
最初にgitをインストールします。

ただ、このままではgitをインストールできないので、
この前にgettextとcurlを導入します。

gettextのインストール

インストール用に、ホームディレクトリ
直下にtmpとoptディレクトリを作成しておきます。

mkdir tmp opt

tmpに移動して、gettextインストールファイルをダウンロードします。

wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/gettext/gettext-latest.tar.gz

ダウンロードしたら解凍します。

tar zxvf gettext-latest.tar.gz

gettextをインストールします。

cd gettext-0.19.8.1/
./configure --prefix=/home/[ユーザ名]/opt
make
make install

gettextのインストールを確認します。

~/opt/bin/gettext --version
gettext (GNU gettext-runtime) 0.19.8.1
Copyright (C) 1995-1997, 2000-2007 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

[参考訳]
ライセンス GPLv3+: GNU GPL バージョン 3 またはそれ以降 <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
これはフリー・ソフトウェアです. 改変と再配布は自由です.
法で許された範囲内で無保証です.
作者 Ulrich Drepper.

gettextにパスを通します。

cd
vi .bashrc
export PATH=$PATH:$HOME/opt/bin

curlのインストール

続いてcurlをインストールします。

cd
cd tmp

wget http://curl.haxx.se/download/curl-7.53.1.tar.gz
tar zxvf curl-7.53.1.tar.gz
cd  curl-7.53.1
./configure --prefix=/home/[ユーザ名]/opt
make
make install

インストールを確認します。

curl -V
curl 7.29.0 (x86_64-redhat-linux-gnu) libcurl/7.29.0 NSS/3.21 Basic ECC zlib/1.2.7 libidn/1.28 libssh2/1.4.3
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s rtsp scp sftp smtp smtps telnet tftp 
Features: AsynchDNS GSS-Negotiate IDN IPv6 Largefile NTLM NTLM_WB SSL libz unix-sockets 

gitのインストール

いよいよ本題のgitのインストールです。

gitインストール用ファイルをダウンロードします。

cd
cd tmp
wget https://github.com/git/git/archive/master.zip

ダウンロードしたファイルを解凍します。

unzip master.zip
cd git-master
autoconf
./configure --prefix=/home/[ユーザ名]/opt --with-curl=/home/[ユーザ名]/opt --with-expat=/home/[ユーザ名]/opt
make -i all
make -i install

gitのインストールを確認します。

git --version
git version 1.8.3.1

pyenvをインストールする

gitをインストールできたので、gitを利用して
pyenvをインストールします。

git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

ホームディレクトリにある.bash_profileを編集します。

cd
vi .bash_profile

以下の2行を追加します。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"

anacondaをインストールする

続いてAnacondaをインストールします。
pyenvでインストールできるバージョンを調べます。

pyenv install -l

Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  2.4
  2.4.1
  2.4.2
  2.4.3
  2.4.4
  2.4.5
  2.4.6
  2.5
  2.5.1
  2.5.2
  2.5.3
  2.5.4
  2.5.5
  2.5.6
  2.6.6
  2.6.7
  2.6.8
  2.6.9
  2.7-dev
  2.7
  2.7.1
  2.7.2
  2.7.3
  2.7.4
  2.7.5
  2.7.6
  2.7.7
  2.7.8
  2.7.9
  2.7.10
  2.7.11
  2.7.12
  2.7.13
  3.0.1
  3.1
  3.1.1
  3.1.2
  3.1.3
  3.1.4
  3.1.5
  3.2-dev
  3.2
  3.2.1
  3.2.2
  3.2.3
  3.2.4
  3.2.5
  3.2.6
  3.3.0
  3.3-dev
  3.3.1
  3.3.2
  3.3.3
  3.3.4
  3.3.5
  3.3.6
  3.4.0
  3.4-dev
  3.4.1
  3.4.2
  3.4.3
  3.4.4
  3.4.5
  3.4.6
  3.5.0
  3.5-dev
  3.5.1
  3.5.2
  3.5.3
  3.6.0
  3.6-dev
  3.6.1
  3.7-dev
  anaconda-1.4.0
  anaconda-1.5.0
  anaconda-1.5.1
  anaconda-1.6.0
  anaconda-1.6.1
  anaconda-1.7.0
  anaconda-1.8.0
  anaconda-1.9.0
  anaconda-1.9.1
  anaconda-1.9.2
  anaconda-2.0.0
  anaconda-2.0.1
  anaconda-2.1.0
  anaconda-2.2.0
  anaconda-2.3.0
  anaconda-2.4.0
  anaconda-4.0.0
  anaconda2-2.4.0
  anaconda2-2.4.1
  anaconda2-2.5.0
  anaconda2-4.0.0
  anaconda2-4.1.0
  anaconda2-4.1.1
  anaconda2-4.2.0
  anaconda2-4.3.0
  anaconda3-2.0.0
  anaconda3-2.0.1
  anaconda3-2.1.0
  anaconda3-2.2.0
  anaconda3-2.3.0
  anaconda3-2.4.0
  anaconda3-2.4.1
  anaconda3-2.5.0
  anaconda3-4.0.0
  anaconda3-4.1.0
  anaconda3-4.1.1
  anaconda3-4.2.0
  anaconda3-4.3.0
  ironpython-dev
  ironpython-2.7.4
  ironpython-2.7.5
  ironpython-2.7.6.3
  ironpython-2.7.7
  jython-dev
  jython-2.5.0
  jython-2.5-dev
  jython-2.5.1
  jython-2.5.2
  jython-2.5.3
  jython-2.5.4-rc1
  jython-2.7.0
  jython-2.7.1b1
  jython-2.7.1b2
  jython-2.7.1b3
  miniconda-latest
  miniconda-2.2.2
  miniconda-3.0.0
  miniconda-3.0.4
  miniconda-3.0.5
  miniconda-3.3.0
  miniconda-3.4.2
  miniconda-3.7.0
  miniconda-3.8.3
  miniconda-3.9.1
  miniconda-3.10.1
  miniconda-3.16.0
  miniconda-3.18.3
  miniconda2-latest
  miniconda2-3.18.3
  miniconda2-3.19.0
  miniconda2-4.0.5
  miniconda2-4.1.11
  miniconda3-latest
  miniconda3-2.2.2
  miniconda3-3.0.0
  miniconda3-3.0.4
  miniconda3-3.0.5
  miniconda3-3.3.0
  miniconda3-3.4.2
  miniconda3-3.7.0
  miniconda3-3.8.3
  miniconda3-3.9.1
  miniconda3-3.10.1
  miniconda3-3.16.0
  miniconda3-3.18.3
  miniconda3-3.19.0
  miniconda3-4.0.5
  miniconda3-4.1.11
  pypy-c-jit-latest
  pypy-c-nojit-latest
  pypy-dev
  pypy-stm-2.3
  pypy-portable-2.3.1
  pypy-portable-2.4
  pypy-portable-2.5
  pypy-portable-2.5.1
  pypy-stm-2.5.1
  pypy-portable-2.6
  pypy-portable-2.6.1
  pypy-portable-4.0
  pypy-portable-4.0.1
  pypy-portable-5.0
  pypy-portable-5.0.1
  pypy-portable-5.1
  pypy-portable-5.1.1
  pypy-portable-5.3.1
  pypy-portable-5.4
  pypy-portable-5.4.1
  pypy-portable-5.6.0
  pypy-portable-5.7.0
  pypy-1.5-src
  pypy-1.5
  pypy-1.6
  pypy-1.7-dev
  pypy-1.7
  pypy-1.8-dev
  pypy-1.8
  pypy-1.9-dev
  pypy-1.9
  pypy-2.0-dev
  pypy-2.0-src
  pypy-2.0
  pypy-2.0.1-src
  pypy-2.0.1
  pypy-2.0.2-src
  pypy-2.0.2
  pypy-2.1-src
  pypy-2.1
  pypy-2.2-src
  pypy-2.2
  pypy-2.2.1-src
  pypy-2.2.1
  pypy-2.3-src
  pypy-2.3
  pypy-2.3.1-src
  pypy-2.3.1
  pypy-2.4.0-src
  pypy-2.4.0
  pypy-2.4-beta1-src
  pypy-2.4-beta1
  pypy-2.5.0-src
  pypy-2.5.0
  pypy-2.5.1-src
  pypy-2.5.1
  pypy-2.6.0-src
  pypy-2.6.0
  pypy-2.6.1-src
  pypy-2.6.1
  pypy-4.0.0-src
  pypy-4.0.0
  pypy-4.0.1-src
  pypy-4.0.1
  pypy-5.0.0-src
  pypy-5.0.0
  pypy-5.0.1-src
  pypy-5.0.1
  pypy-5.1-src
  pypy-5.1
  pypy-5.1.1-src
  pypy-5.1.1
  pypy-5.3-src
  pypy-5.3
  pypy-5.3.1-src
  pypy-5.3.1
  pypy-5.4-src
  pypy-5.4
  pypy-5.4.1-src
  pypy-5.4.1
  pypy-5.6.0-src
  pypy-5.6.0
  pypy-5.7.0-src
  pypy-5.7.0
  pypy2-5.3-src
  pypy2-5.3
  pypy2-5.3.1-src
  pypy2-5.3.1
  pypy2-5.4-src
  pypy2-5.4
  pypy2-5.4.1-src
  pypy2-5.4.1
  pypy2-5.6.0-src
  pypy2-5.6.0
  pypy2-5.7.0-src
  pypy2-5.7.0
  pypy3-dev
  pypy3-portable-2.3.1
  pypy3-portable-2.4
  pypy3-portable-5.7.0
  pypy3-2.3.1-src
  pypy3-2.3.1
  pypy3-2.4.0-src
  pypy3-2.4.0
  pypy3.3-5.2-alpha1-src
  pypy3.3-5.2-alpha1
  pypy3.3-5.5-alpha-src
  pypy3.3-5.5-alpha
  pypy3.5-c-jit-latest
  pypy3.5-5.7-beta-src
  pypy3.5-5.7-beta
  pyston-0.5.1
  pyston-0.6.0
  pyston-0.6.1
  stackless-dev
  stackless-2.7-dev
  stackless-2.7.2
  stackless-2.7.3
  stackless-2.7.4
  stackless-2.7.5
  stackless-2.7.6
  stackless-2.7.7
  stackless-2.7.8
  stackless-2.7.9
  stackless-2.7.10
  stackless-2.7.11
  stackless-2.7.12
  stackless-3.2-dev
  stackless-3.2.2
  stackless-3.2.5
  stackless-3.3-dev
  stackless-3.3.5
  stackless-3.4.1
  stackless-3.4.2

anaconda3-4.3.0をインストールします。

pyenv install anaconda3-4.3.0

Downloading Anaconda3-4.3.0-Linux-x86_64.sh...
-> https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-4.3.0-Linux-x86_64.sh
Installing Anaconda3-4.3.0-Linux-x86_64...
Installed Anaconda3-4.3.0-Linux-x86_64 to /home/hoge/.pyenv/versions/anaconda3-4.3.0

anaconda3-4.3.0を使用するように設定します。

プロジェクト用のディレクトリを作成して、
ここで使用するバージョンを指定します。

cd
mkdir testenv
cd testenv
pyenv local anaconda3-4.3.0

バージョンの確認

pyenv version
anaconda3-4.3.0 (set by /home/hoge/testenv/.python-version)

以上でXServer上でAnacondaが使えるようになりました。



スポンサードリンク

-Python
-, ,

© 2020 FX・ビットコイン・オプションのシステムトレード開発と取引録 Powered by AFFINGER5