FX

ドンチャン自動売買プログラムをMT4で作成してみた

ドンチャン・ブレイクアウトをシグナルに 自動売買するプログラムをMT4で作成してみました。 ドンチャン・ブレイクアウトは、 過去の特定の日数の最高値を上に抜けたら買い、 最低値を下に抜けたら売りを入れるというものです。 株では日...
MQL4ブック

配列

配列 アプリケーションプログラムによって処理される情報の大部分は配列に含まれています。 配列の概念 配列は、共通の名前を持つ1つの型の変数の配列された値の集合です。 配列は、1次元および多次元であり得る。 配列内の次元の最...
MQL4ブック

グローバル変数

グローバル変数 複数のアプリケーションプログラムは同時にクライアント端末で動作することができる。 場合によっては、あるプログラムから別のプログラムにデータを渡す必要が生じることがあります。 特にこのMQL4には、クライアント端末の...
MQL4ブック

変数の種類

変数の種類 MQL4のアプリケーションプログラムには、数十、数百の変数が含まれています。 各変数の非常に重要な特性は、プログラムでその価値を使用する可能性です。 この可能性の制限は可変スコープと関連しています。 変数スコープは、 変...
MQL4ブック

定義済みの変数とリフレッシュレート関数

定義済みの変数とリフレッシュレート関数 MQL4言語で定義済みの名前を持つ変数があります。 あらかじめ定義された変数は、定義済みの名前を持つ変数であり、その値はクライアント端末によって定義され、プログラムメソッドによって変更すること...
MQL4ブック

関数の説明と演算子 ‘return’

関数の説明と演算子 'return' プログラム内に関数を指定する必要性については、プログラムに記述されていない関数と、プログラムに記述しなければならない関数の2つのグループに分けられます。 標準機能はプログラムには記載されていません...
MQL4ブック

関数呼び出し

関数呼び出し 関数呼び出しは、別個の演算子として使用することができ、特定の値を含意するプログラム内の任意の場所に検出されます(事前定義されたケースを除く)。 関数呼び出しの形式と実行規則には、標準(組み込み)関数とユーザー定義関数...
MQL4ブック

演算子 ‘switch’

演算子 'switch' いくつかのプログラムは、アルゴリズムをいくつかのバリエーションに分岐することを暗示しています。 そのような場合、特に数十または数百のバリエーションがある場合はオペレータ 'スイッチ'を使用するのが非常に便...
MQL4ブック

演算子 ‘continue’

演算子 'continue' 場合によっては、コード内でサイクルを使用すると、現在の繰り返しの処理を早期に終了し、サイクル本体を構成する残りの演算子を実行せずに次の処理に進む必要があります。 そのような場合は、演算子 'continu...
MQL4ブック

演算子 ‘break’

演算子 'break' たとえば、いくつかのサイクル操作をプログラミングする場合、条件が偽になる前にサイクルの実行を中断する必要が生じることがあります。 このような問題を解決するには、演算子 'break'を使用する必要があります...